• HOME
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

入れ歯治療

自分にぴったりの入れ歯がほしい

ゆめの森歯科でご提供する
義歯(入れ歯)についてご説明いたします

当歯科クリニックでは通常の歯科治療とは別に、患者さん一人一人にあわせた入れ歯治療(義歯治療)を行っています。
また、現在、使っている入れ歯の装着感、使用感についてもなんなりとご相談ください。

入れ歯の種類とメリット、デメリット

入れ歯は大きく分けて2種類あります。部分入れ歯と総入れ歯です。
また、それぞれ保険適用の入れ歯と自費の入れ歯があります。

部分入れ歯

部分的になくなってしまった歯を補うために使う方法の、バネ式の入れ歯です。残っている歯に金属のバネを装着し、歯列を整え、固定をします。取り付けた際に、隣接している歯は虫歯になりやすいので、気をつけましょう。

総入れ歯

歯が1 本も残っていない場合に総入れ歯、総義歯を使います。歯茎に当たるところを「床」と呼びます。保険治療の総入れ歯の場合、床が厚く違和感があり、慣れるまで時間がかかります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険が適用される「保険治療」と
保険が適用されない「自費治療」があります。
そのメリットとデメリットは以下のとおりです。

保険治療 自費治療
メリット ・保険が適用されるため、
 治療費が安く抑えられる
・修理が簡単にできることが多い
・入れ歯の品質がよく、快適に
 食べ物が食べられる。
・熱伝導率がよく、食べ物が
 おいしく食べられる。
・豊富な種類から選ぶことが
 できる。
・見た目も良い。
デメリット ・厚さがあり違和感を感じやす
 く、食べ物の温度や食感が伝
 わりにくい
・症例によっては見た目が良くな
 い。
・保険の適用外なので、
 治療費が高くなる。

・片側の欠損でも、安定させるた
 めに反対側に金属をかける必要
 があります。治療例としては最
 も多いです。

・弾性がある素材なので、片側
 のみでも安定し、装着感が良
 いです。金属がないので目立
 ちません。

ゆめの森歯科で取り扱う自費入れ歯のメニュー

ノンクラスプデンチャー

「ノンクラスプ」とは、ばねがないという意味です。ノンクラスプ義歯にはばねがないので、見た目が良く、軽いという特徴があります。この入れ歯の素材は弾力性があり、装着性も優れています。また、話しやすく、食べ物をおいしく噛むことができます。他の自費治療の入れ歯と比べると、費用が安いというメリットがあります。

マグネットデンチャー

残っている歯根にキーパーと呼ばれる土台となるマグネット(磁石)を付け、入れ歯についているマグネットにより強力な磁力で装着ができます。このため、ずれたり外れることが少なくなります。また、審美性にも優れています。歯が数本残っていないと取り付けることはできません。

金属床義歯

入れ歯の床の部分が金属でできています。装着感が良く、ほとんど違和感がありません。食べ物の温度もしっかりと感じられるので、おいしく食べられます。金属アレルギーが起きにくいゴールド、チタン、コバルトクロムから選ぶことができます。

ほかにもこんなにある!入れ歯のいいところ!

「入れ歯」は歯をなくしたときによく選ばれるポピュラーな治療法です。しかし、入れ歯というと、「違和感がある」「よく噛めない」「外れる」など、よからぬ印象を持たれることも多く、特に若い世代の人には「年寄りっぽい」と敬遠されがちです。しかし実は入れ歯には他の治療よりも優れている点がたくさん存在するのです。また、最近では入れ歯のバラエティも増え、これまで言われていた欠点も少なくなってきています。あまり知られていない入れ歯のいいところをいくつかご紹介いたします。

1.どんな場合にも対応可能

歯が1本だけない場合から全てない場合まで、どんなケースにおいても作ることができます。それに対し、ブリッジ治療は歯の本数によってはできません。また、インプラントは全身疾患があったり、骨の状態によってはやはり治療ができないケースがあります。

2.短期間で入れることができる

入れ歯は通常、長くても4、5回で入ります。インプラントのように何ヶ月もかかる治療法に比べればとてもスピーディーです。

3.他の歯を削らない

入れ歯を入れるとき、ブリッジ治療のように他の歯を削ることはしません。歯は削るともろくなるので、その必要がないというのはうれしいポイントです。

4.お手入れが簡単、清潔

「取り外し式」というのは欠点として取り上げられることが多いようですが、取り外せるということは、きれいに隅々まで洗うことができる、という点では非常に衛生的で周囲の歯にとっても良いことです。また、寝たきりで自分で入れ歯のお手入れができない場合でも、周囲の方が外して洗うことができ、清潔を保つことができます。

5.修理、人工歯の追加が可能

入れ歯が割れてしまった時、特に保険のものは比較的簡単に修理を行うことができます(自費のものではできないタイプのものもあります)。また、どこかの歯が抜けてしまった場合にも、人工歯を入れ歯に追加することが可能です。

6.口元が若々しくなる

「入れ歯は見た目が悪い」ということが強調されがちですが、それは保険の部分入れ歯で金具が見える位置にかかる場合です。その場合は金具のないタイプのものにすることで、その問題は解決できます。それ以外の場合、例えば、前歯を複数失ってしまった場合、歯茎がやせて唇の張りが失われて老けて見えがちなのですが、その唇の張りを回復して若々しく見せてくれるのは入れ歯だけです。

7.保険の入れ歯は安価、自費はバラエティが豊富

入れ歯は保険と自費から選ぶことができます。保険のものは治療費を抑えることができますし、自費のものはご自分の好みによって様々なタイプのものから選択することができ、自分の希望通りの入れ歯を作成できます。

最近では、入れ歯のバラエティの豊富さから、若い世代の方でも入れ歯を選択する人も増えてきています。ゆめの森歯科ふじさわでもさまざまなタイプの入れ歯をご用意しております。入れ歯、ブリッジ、インプラント義歯、それぞれの特徴を踏まえて自分に合った方法を選びましょう。それぞれの治療法の特徴について分からない点がございましたらご相談ください。

入れ歯治療 料金表

※価格は全て税別です。

取扱い義歯の種類

PGA 270,000円〜470,000円
チタン 250,000円~400,000円
Co-Cr 230,000円~380,000円
レジン 60,000円~148,000円
ノンスクラブ スマイル 100,000円~180,000円
スマート 115,000円~210,000円
スマート +PGA 320,000円~520,000円
+チタン 300,000円~450,000円
+Co-Cr 250,000円~400,000円
マグフィット 磁性体 25,000円
キーパー 10,000円
セット 35,000円

藤沢市の歯医者「ゆめの森歯科」の診療科目

医療法人よつ葉会

植物観察日記

にっぽん子育て応援団

求人情報

院長とスタッフブログ

ゆめの森歯科いせはら

ゆめの森歯科ちがさき

ゆめの森歯科さがみはら